柴犬の死因で一番多いのって?

柴犬の死因で一番多いのはガンなのですよ。

柴犬がガンになる原因は様々あるのですが、早いうちから見つけることができれば、助かる可能性が高いと思います。

犬の様子がいつもと違うと思った場合は、病院で診てもらった方がいいでしょう。

次に多いのが心臓病です。

フィラリア症が原因で心臓病を起こすケースもあるかもしれません。

また、肥満(原因も人それぞれで、食習慣に問題がある、親からの遺伝で太りやすい、疾患や服用している薬の影響、睡眠不足で太りやすくなっているなどが考えられます)も心臓病のきっかけになるので、食べ過ぎや運動不足(休日などにいきなりハードな運動を行うと、かえって体に負担をかけてしまいますから、徐々に運動量や負荷を増やしていきましょう)に注意(しすぎというくらいでちょうどいいのかもしれないですね)した方がいいでしょう。

感染症による腎臓病で亡くなることも多いです。

衛生面に気をつければ、感染症を防ぐ事ができます。

そして、てんかんや肝臓病も死因の上位にランクインしていますので、注意が必要ですね。

てんかんはワクチン接種で予防出来る為、必ず受けさせましょう。

肝臓病は普段の食事が大きく関与しています。

肥満は肝臓病を引き起こすので、食事量に気をつけて下さい。

柴犬の場合、老衰や事故で亡くなるイメージが強いとは言っても、病気(先天的なものも少なくないでしょう)が原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)のケースが多いものです。

人間と違って症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)が出にくいので、病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)になっても判らない事もあるそうです。

その為、定期健診をしっかりと受けさせて、早期に病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)を見つけることが大切になりますー

柴犬の餌とフードは?
柴犬だけでなく犬の餌には穀物を入れないように注意します。柴犬は穀物をうまく消化できないため消化不良を起こすことがあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ